ヘアスタイルの用語について

ヘアスタイルの色々

MENU

ヘアスタイルの用語について

美容師さんから、ヘアスタイルの提案をされても、その言葉がよく分からない。
そんな人もいるかもしれません。
美容師さんが日頃何気なく使用している言葉も専門用語の可能性もあります。
分からない言葉は、知ったかぶりせず、
その場で確認しておかないと、ヘアスタイルで失敗する要因になってしまいます。
しかしある程度、よく使用されるヘアスタイルの用語については、知っておいても損はないでしょう。
いくつかヘアスタイルの用語について、紹介したいと思います。

 

「レイヤースタイル」は、長短の段差をつけるヘアスタイルの総称です。
全体が重く感じる時は、レイヤーを入れる事で、動きを出す、軽さを出す事が出来ます。

 

「ボブスタイル」は、知っている人も多いと思います。
定義としては、肩よりも短い長さで、横と後ろが同じ長さのヘアスタイルの総称です。
丸みがあり、女性らしいヘアスタイルで、
ヘアアレンジなどのバリエーションも豊富なので、人気の定番ヘアスタイルです。

 

「アシンメトリーヘアスタイル」は、左右の長さが違うヘアスタイルです。
基本的にヘアスタイルは、シンメトリーが一般的なので、
アシンメトリーにする事で、個性的なヘアスタイルとなります。

 

「エアリーヘアー」は、シャギーやレイヤーで、
髪の分量を減らし、毛先に軽さと動きを出す事でフワフワ感が出ます。
女の子らしい、可愛らしい雰囲気になりたい人にお勧めです。

 

「ウルフスタイル」は襟足の後ろを長めに残し、
高い位置からレイヤーカットを入れたヘアスタイルです。
男性も女性も似合う、ヘアスタイルです。