ヘアスタイルの色々

ヘアスタイルの色々

MENU

ウルフカットについて

ヘアスタイルをどのようなものにするのか迷っている人は多いでしょう。
自分の理想とするヘアスタイルのイメージ通りになりたいけれど、
抽象的なイメージしかわからず、スタイリストにオーダーをうまくできないという人も多いと思います。
そのような場合は、まずはカタログなどを見て、自分のイメージに近いものを探しましょう。
ヘアスタイルは、顔の形や肌の色、髪質などによって、向き不向きがありますので、
担当の美容師に相談するなどして、
どのようなヘアスタイルにするのかということを決めていくことをお勧めします。
 

 

ここでは、ウルフカットについて説明したいと思います。

 

ウルフカットは、基本的にパーマが必要なく、
カットのみで施術して作り上げるヘアスタイルとなっています。
トップと顔周りをすっきりと短めにカットして、
外はねで遊び間のある毛束を作ります。
向いている方の例としては、髪の長さはミディアムほどになります。
これ以上の髪の長さがある人なら、ウルフカットに出来るでしょう。
髪質はやわらかくてもかたくてもどちらでもOKです。
顔の形は、面長の人には向いていませんが、
それ以外の、丸顔、卵顔、逆三角、ベース型であれば向いているでしょう。
ネープやバンクは顔の輪郭や首の長さで変わり、
毛先をランダムにはねさせることで、ナチュラルなイメージに仕上がります。
興味のある方は、
カタログなどでウルフカットについて調べてみてはいかがでしょうか。
まずは担当の美容師と相談するなどして、
新しいヘアスタイルに挑戦してみてはどうでしょう。

自然なストレートに見せる方法

 
ヘアスタイルをストレートにしたいという人は多くいるでしょう。
きれいなストレートヘアにするためには、さまざまな努力が必要となります。
もともとくせ毛である人や、
パーマをかけている人がストレートにしようと思った場合は、
まず縮毛矯正や、ストレートパーマをかける必要があります。
それだけでも髪の毛の質はまっすぐにはなりますが、
きれいなストレートヘアにしたい場合は、
毎日のヘアケアによって髪を奇麗に保ったり、
セットをしっかりとしてきれいにしたりする必要があります。
そのような努力をしたうえで、
より自然にストレートに見せるための方法がありますので、
今回はこれについて説明します。
それは、毛先をワントーンくらいカラーにすることです。
目の錯覚なのですが、
毛先を暗くすることによって毛先に重みがあるように見え、

さらに髪の毛の量が少なく見えます。
くせがあるだけでも髪はごわついて多く見えてしまいがちです。
毛先をワントーン落とすことによって見え方が違ってくるでしょう。
このような目の錯覚を起こすことで
自然なストレートヘアに見せることが出来るので、
おすすめの手法となっています。
ただし、これはしっかりとしたヘアケアと、スタイリングあった上で、
さらにきれいに見せるための手法と考えた方が良いでしょう。
まずはこの二つをしっかりと実践することが、
きれいなストレートヘアのヘアスタイルを楽しむ前提となります。
そのうえで、試してみたいという人は、
担当の美容師に相談するなどして、
毛先にカラーを入れてみることをお勧めします。

更新履歴